金融システムを大きく変える仮想通貨「ビットコイン」

全世界が注目しているインターネット上の仮想通貨

未分類

リスクヘッジとして注目されている

投稿日:2017年5月9日 更新日:

安全資産として認められた仮想通貨

日本は他の国と比べて仮想通貨の普及が遅れていますが、海外ではビットコインがリスクヘッジ用としても注目を集めています。
ビットコインに関連する最近記事によると、2015年にウクライナが経済危機に見舞われ、法定通貨であるグリブナが70%も下落しました。この時にウクライナの人々は自分の資産を守るためにグリブナを手放してビットコインを購入しました。
英国がEU離脱を決定した際にも投資家は一斉に株を手放し、先進国の国債や金に加えてビットコインに投資マネーが流入したというニュースが報じられました。ギリシャ危機の際も、多くの人はユーロを手放してビットコインを購入しました。
今や世界中でビットコインは投資家以外にも一般の人も含め、先進国の国債や金に匹敵するほどの安全資産として認知されています。このため、世界のどこかで経済的な危機が発生するとビットコインの価値が上昇する傾向が見られます。仮想通貨は一部のマニアだけでなく、投資家がリスクヘッジの手段として金や先進国の国債と同じように利用しているのです。
日本円や米ドルなどの主要通貨は世界的に信用されていますが、世界中の大半の通貨は金や先進国の国債よりも信頼性が低く、ビットコインの方が信用されています。

投資がリスクヘッジに有効な理由

一般的にお金や貴金属の価値は、どれだけ広い範囲で支払いや現地通貨と交換できるか、という事に依存しています。ゴールドや米ドルの価値が高い理由は、世界中どこでも現地の法定通貨や物と交換することができるからです。
ビットコインは銀行口座を必要としないため、世界中で広範囲に流通しています。ビットコインはインターネットが利用できれば世界中どこでも取引を行う事ができます。仮想通貨取引所を利用すれば一般の人も簡単にコインを購入することができます。ビットコインは金と同じように世界中で流通しており地理学的な影響を受けにくいため、リスクヘッジとして有効です。
一般的に経済危機が発生すると金融機関が破たんしたり銀行口座が一時的に封鎖されるケースがあります。口座に多額の預金があっても、お金が引き出せなければ無意味です。経済危機が発生すると銀行預金の払い戻しが制限されたり、国家によって資産が没収されるケースがあります。経済危機が発生しなくても、銀行の預金が国税当局や裁判所によって差し押さえられるケースもあります。
管理者を必要としないビットコインは預金封鎖や国家権力に没収される恐れが無く、いつでも引き出すことができます。コインアドレスの復元フレーズさえメモしておけば、資産が差し押さえられたり没収されるリスクはゼロです。ビットコインは“究極の安全資産”で、リスクヘッジとして有効なのです。

-未分類

執筆者:

関連記事

minerで採掘は難しい

ビットコイン専用のソフトminerでコインを採掘することは難しい

ビットコインは、採掘することができるのが特徴です。これをマイニングといます。発掘してビットコインを手に入れることができれば、お金を発掘したのと同じになります。 ですがこれにはとても多くのお金がかかって …

チャートを見続ける

ビットコインでFXをする場合に5年間はチャートを見続けることが必要

ビットコインとは、2010年より少し前からアメリカなどでやっていた仮想通貨になります。日本でなかなかはやらないのはそれなりの理由があるのです。 まず日本円がしっかりしているからという理由があります。ど …

ビットコインの使用

ビットコインをATMを利用して換金する

ビットコインはATMで換金することができます。ATMは岡山にも設置されています。ATMでは、ビットコインの購入とビットコインの売却ができます。そこで、どちらの取引をする際にも、ウォレットというものが必 …

取引所の破綻は全く異なるもの

取引所の破綻はビットコインの信用とは全く異なるもの

ビットコインの大手の取引所であるマウントゴックスが破綻した事件というのは、仮想通貨の世界に大きなショックを与えましたが、これによってビットコインや仮想通貨の信用が損なわれたわけではありません。 ビット …

no image

ビットコイン投資に不可欠のチャートの見方

ビットコイン投資では、チャートの読み方を知っておく必要があります。とは言っても、テクニカル分析やファンダメンタル分析などの専門的な知識は必要ありません。もちろん、テクニカル分析などを勉強しておいたほう …