金融システムを大きく変える仮想通貨「ビットコイン」

全世界が注目しているインターネット上の仮想通貨

未分類

ビットコインでFXをする場合に5年間はチャートを見続けることが必要

投稿日:2017年1月12日 更新日:

チャートを見続ける

ビットコインとは、2010年より少し前からアメリカなどでやっていた仮想通貨になります。日本でなかなかはやらないのはそれなりの理由があるのです。
まず日本円がしっかりしているからという理由があります。どちらも同じお金には変わりないのですが、多くの人々は信用できる法を利用したがるでしょう。
わざわざ信用しにくいところで登録をして取引しても、価値が下がれば紙くずになってしまう可能性があります。
1000円ぐらいであればまだあきらめられるかもしれませんが、これが1千万円や1億円となるとあきらめきれないでしょう。
価格が一気に0円になってしまいかねません。少なくとも慎重に行動することが重要です。
そんなビットコインでFXをすることができます。FXはオシレーターなどの情報を頼りに投資をしていくわけですが、素人がやってもすぐに結果が出るわけではありません。
中にはビギナーズラックで初回から大もうけする人がいないわけでもないです。ですが、ビギナーズラックの場合、次第に実力のなさが露呈してきて、途中で大損する可能性が出てくるわけです。

通貨の価格についてはどのようになっているか

ビットコインでFXをして、うまく行く場合もあるでしょう。安定した収入を得るためには、最低でも5年ぐらいは続けることが重要です。FXが難しいとされているのは、お金があまりない人がすべてのお金をかけてしまい失敗するからです。その人たちからすれば、もう2度とやりたくないと思うかもしれません。
ですが実際には、結果的に勝ち続けている人でも10回取引きをすれば3、4回はマイナスになります。ですが、わずかにプラスの分が多いため、続けることができるわけです。お金のない人が一回でだめになったとしてもリカバリーできませんが、ある程度まとまったお金を持っていれば、一回マイナスになったとしても、また再起をかけて始めることができるのです。
ただしビットコインのFXの場合は、そこで勝ったとしても通貨にどれほど価値があるかということを知っておくことが重要です。通貨の価値は日銀のようなところが操作するのではなく、そこに参加している人全員が価値を判断します。そのため取引き所は閉鎖されたなどの事態があると一気に価値が落ちてしまいかねません。

-未分類

執筆者:

関連記事

取引所の破綻は全く異なるもの

取引所の破綻はビットコインの信用とは全く異なるもの

ビットコインの大手の取引所であるマウントゴックスが破綻した事件というのは、仮想通貨の世界に大きなショックを与えましたが、これによってビットコインや仮想通貨の信用が損なわれたわけではありません。 ビット …

ビットコインの使用

ビットコインをATMを利用して換金する

ビットコインはATMで換金することができます。ATMは岡山にも設置されています。ATMでは、ビットコインの購入とビットコインの売却ができます。そこで、どちらの取引をする際にも、ウォレットというものが必 …

安全資産として認められた仮想通貨

リスクヘッジとして注目されている

日本は他の国と比べて仮想通貨の普及が遅れていますが、海外ではビットコインがリスクヘッジ用としても注目を集めています。 ビットコインに関連する最近記事によると、2015年にウクライナが経済危機に見舞われ …

チャートの読み方

ビットコイン投資に不可欠のチャートの見方

ビットコイン投資では、チャートの読み方を知っておく必要があります。とは言っても、テクニカル分析やファンダメンタル分析などの専門的な知識は必要ありません。もちろん、テクニカル分析などを勉強しておいたほう …

ビットコインの採掘

採掘する場合の量はあらかじめ決められている 

ビットコインという仮想通貨あります。この仮想通貨のポイントは、電子マネーなどと違い、ブロックを発掘をして通貨を手に入れることです。 発掘をするためには、莫大なお金とばく大な電力を消費するため、個人で発 …