金融システムを大きく変える仮想通貨「ビットコイン」

全世界が注目しているインターネット上の仮想通貨

ビットコインとは、仮想通貨のことで、実際に目に見えるお金ではありません。
このように考えるとどのように取引きをしたらいいのかわからないかも知れませんが、私たちの多くは、実は仮想通貨を持っています。
例えばバスよる時は電車に乗る時などカードで乗ることができますが、それらも仮想通貨によるものです。
お金を 1枚のカードの中に入れて、それでバスに乗ったり電車に乗ったりすることができます。
またコンビニでも使うことができるため、若い人を中心による中で広まっています。
これに対してビットコインは、そこまで広がりを見せていないのは、まだその歴史が浅いからという理由もありますが、世間ではそこまで必要とされていないという部分もあります。
つまり、私たちが使っている電子マネーなどとは別にビットコインを積極的に使わなくてはならないという理由はありません。
現在のところ、日本ではビットコインを扱っている店舗は60店舗ぐらいしかないのです。
もし、積極的に使える理由などがあれば、今後増えていくかもしれませんが、広がるまでにはある程度時間がかかります。
取引所の数については日本では10程度あります。

取引通貨として利用できる場合はどのような場面か

ビットコインを利用できる場合

ビットコインは、インターネット上にある通貨のことですが、今のところ日本ではこれを通常の買い物などに使うことは難しくなっています。
一つの情報として、所有しているだけですがこれは、我々も電子マネーなどを使っていることを考えると、その仕組み自体に問題があるわけではありません。
日本には、円というお金がありますので、信用の高い円を使いたがっているのです。ですが外国では、その国のお金があまり当てにならない場合もあります。
例えば国家が崩壊してしまえば、そのお金も紙くずになってしまうわけです。
そうだとすれば、そういったところでビットコインを使えるようになるかもしれません。
これを利用するためには、取引所で取引きをする必要がありますが、基本的には現金を取引きするような手数料はありません。(ビットコインの送金にはほとんど手数料を必要としません)
厳密にはそこに業者が介入する以上、手数料はあるのですが、ほんのわずかの手数料のみとなるはずです。
実際、今の取引所でも手数料はかなり安くなっているのが特徴です。
日本円をドルに換える時に手数料を取られますが、ビットコインを利用することによって手数料を大幅に省くことができるというメリットがあります。

投稿日:2017年2月1日 更新日:

執筆者: